2015.05.31更新

【事案の概要】

マンションを賃借(賃料月額10万円)していたが、突然、大家から建替えを理由に立ち退くよう請求された。

マンションは職場にも近く気に入っているので、できれば立ち退きたくないが、それなりの立退料がもらえるのであれば立退を考えたい。

一応、ある程度の金額の立退料は提示されているが、その金額では少なすぎるので増額交渉をしたい。

 

【弁護士費用】

現在手持ちの金額があまりないとのことだったので、着手金は少なめに設定して、増額分の報酬金を高く設定した。

着手金:10万円

報酬金:増額した金額の20%

 

着手金・報酬金は、立退料として支払われる金額の見込を前提に、話し合いにより設定しています。

そのため、ある程度複雑な主張をする必要がある場合には着手金も20〜30万円程度になる場合もあります。

他方、支払われる金額の見込額が高額である場合、報酬金も10%程度まで下げることもあります。

 

 

 

 

投稿者: 弁護士 吉利 浩美

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

初回相談60分無料 まずはお気軽にご相談下さい 弁護士 吉利 浩美 03-5501-2216 平日 午前9時30~午後5時 ※夜間・土曜:事前予約制 弁護士吉利のコラム 報酬規定の参考例 よくある質問 最新裁判例の解説 お客様の声