2016.08.03更新

テレビ出演で有名な大渕愛子弁護士が懲戒請求されたというニュースが、いま話題になっています。

弁護士にとって、相手方からの懲戒請求は戦士の勲章と、むかし先輩弁護士から教わりましたが、依頼者からの懲戒請求は理由の当不当にかかわらず、気持ち良いものではないですね。

話は変わりますが、法律相談に見える方も、意外と(?)弁護士の情報は調べてこられることも多くて、この相手方の弁護士は過去に懲戒されてるんですよ〜だから悪徳弁護士で大変なんですよ〜なんて話もよく聞きます。

そして、悪徳弁護士イコールやり手というか、事実関係をねじ曲げてでも依頼者を勝たせる弁護士、というようなニュアンスでお話される方も多いのです。

一般論ですが、懲戒事例の多くは、受任しておいて事件を処理しないとか、依頼者と報酬でもめたとか、依頼者との関係でのトラブルです。

ですので、仮に相手方の弁護士に過去、懲戒の事例があったとしても、あまり勝ち負けに影響するようなことはないように思います。

もちろん、事案の処理を放ったらかして進捗が遅い、なんてことはあるかもしれないですが…

 

 

投稿者: 港区西新橋の弁護士 吉利 浩美

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

初回相談60分無料 まずはお気軽にご相談下さい 弁護士 吉利 浩美 03-5501-2216 平日 午前9時30~午後5時 ※夜間・土曜:事前予約制 弁護士吉利のコラム 報酬規定の参考例 よくある質問 最新裁判例の解説 お客様の声