2017.07.19更新

訴訟指揮、っていうとオーケストラの指揮者みたいでキレイな響き…?かもしれませんが。

語弊を恐れずざっくり言うと、当事者の主張を整理したり、説明を求めたりして訴訟の進行をスムーズにするよう裁判官がコントロールすることを言います。

 

双方当事者に弁護士がついていればまずないのですが、本人訴訟の場合など、書面をよんでも何が言いたいのか、何を請求したいのかわからないことがあります。

そんなとき、通常であれば、裁判官のほうから、これはどういう主張なんですか、と質問してみたり、このままだと法的には成り立たないので検討してみてね、とかコメントがあります。

(あんまりやりすぎると一方当事者への肩入れと思われてしまうので慎重にコメントする裁判官が多いです。)

 

でもたまに、何言ってるのか全然わからない書面なのに全くコメントせず、そのまま判決まで進めてしまう裁判官もいます。

 

原告が本人訴訟(弁護士をつけず本人でする訴訟)で、訴状の内容がチンプンカンプンだったりすると、認否のしようもなかったりするので、非常にやりづらいです。

もちろん、被告の立場でどういう趣旨か聞くこともできますが、対立する弁護士から質問されて素直に答えてくれることも少ないですよね。

 

何言ってるのかわからない訴状だから、このまま棄却判決出しちゃいます、ということなのかもしれませんが、そういう方は敗訴すると当然のように控訴するんです。

すると結局解決まで時間がかかってしまうので、被告の立場からしても、原告のわけのわからない主張もしっかり解明したうえで、棄却判決を出して欲しいと思います。

投稿者: 港区西新橋の弁護士 吉利 浩美

2015.05.18更新

訴状が届くと、答弁書を裁判所に提出する必要があります。

記載する内容は、次の3つに大別されます。

 

1 請求の趣旨に対する答弁

通常は、

 ・原告の請求を棄却する

 ・訴訟費用は原告の負担とする

という記載をします。

 

2 請求の原因に対する認否

訴状の請求の原因に記載している事実をよく読み、認否をしていきます。

認否の方法は4つです。

(1)認める

記載事実に間違いがないということです。

いったん認めてしまうと事後的に撤回することは出来ませんので、「認める」と認否するときは慎重に検討します。

(2)否認する

記載事実に誤りがある、事実と異なるということです。

(3)不知

記載事実が関知しないことであり、知らないということです。

(4)争う

記載事実のうち、法的主張や法的解釈について争うということです。

 

3 被告の主張

被告の反論です。

 

 

答弁書提出期限までには、時間がないことが多いです。

そのため、訴状の内容をすべて把握して充分な反論をすることは現実的ではありませんし、裁判所もそこまで期待していません。

 

多くは、「追って主張」という手段をとります。

定型的な記載方法は下記のとおりです。

このように簡単な内容の答弁書を提出し、ひとまず、原告の請求を争うことだけは伝えておいて、詳細な反論はじっくり練り上げて、別途「準備書面」と呼ばれる書面に記載して提出するのが通常です。

 


 

 

平成●●年(ワ)第●●●●号 ●●●●事件

原 告 ●●●●●●

被 告 ●●●●●●

答  弁  書

平成●●年●●月●●日

●●●●裁判所民事第●●部 御中

 

住所            

氏名         押印 

 

 

第1 請求の趣旨に対する答弁

 1 原告の請求を棄却する

 2 訴訟費用は原告の負担とする

 との判決を求める。

 

第2 請求の原因に対する認否,被告の主張

  調査の上,追って準備書面をもって認否反論する。

以 上

 

 

投稿者: 港区西新橋の弁護士 吉利 浩美

2015.05.16更新

訴状は、管轄の裁判所から特別送達という郵便で届きます。

受け取りのサインをすると、送達報告書が裁判所に送付され、いつ訴状が送達されたか(被告に届いたか)裁判所がわかるようになっています。

 

封筒を明けると、だいたい次のような書類が入っていると思います。

(以下では、地方裁判所から届く訴状を想定しています。)

 

1 呼び出し状兼答弁書催告書

 原告の名前、被告の名前、管轄の裁判所と担当書記官・連絡先が記載されています。

 答弁書の提出方法等、事務的な質問事項は、担当書記官に電話で問い合わせれば回答してくれます。

 ただ、訴訟の内容に踏み込んだ内容は、答えてくれないと思います。

 また、第1回期日の日時、場所と、答弁書の提出期限も記載されています。

 答弁書の記載見本をつけてくれる裁判所が多いと思います。

 

2 訴状

 原告の請求内容が書かれています。

 内容を確認して答弁書を作成します。

 

3 証拠説明書

 書証の標目や立証趣旨が書かれた書面です。

 訴状の段階では提出されないこともあります。

 

4 書証

 いわゆる「証拠」です。

 右上に、「甲第1号証」「甲第2号証」・・・などと番号がついています。

 被告が書証を提出するときは、「乙第1号証」「乙第2号証」・・・と番号をつけます。

 

訴状が届いたら、まずは呼出状で第1回期日を確認します。

第1回期日に出席せず、答弁書も提出しないと、原告の請求がそのまま認められ、判決が出されてしまいます。

そのため、答弁書だけは必ず提出する必要があります。

どうしても第1回期日に都合がつかない場合には、答弁書だけ提出して欠席することもできます。

その場合、欠席することを事前に書記官に電話で連絡しておくほうがスムーズです。

第1回期日の終わりに、第2回期日の日取りを決めなければなりません。

そのため、欠席の連絡をすると、書記官がいつが都合がよいか聞いてくれるはずです。

 

答弁書提出期限までには、時間がないことが多いです。

そのため、訴状の内容をすべて把握して充分な反論をすることは現実的ではありませんし、裁判所もそこまで期待していません。

 

多くは、「追って主張」という手段をとります。

定型的な記載方法は下記のとおりです。

このように簡単な内容の答弁書を提出し、ひとまず、原告の請求を争うことだけは伝えておいて、詳細な反論はじっくり練り上げるのが通常です。

 


 

平成●●年(ワ)第●●●●号 ●●●●事件

原 告 ●●●●●●

被 告 ●●●●●●

答  弁  書

平成●●年●●月●●日

●●●●裁判所民事第●●部 御中

 

住所            

氏名         押印 

 

 

第1 請求の趣旨に対する答弁

 1 原告の請求を棄却する

 2 訴訟費用は原告の負担とする

 との判決を求める。

 

第2 請求の原因に対する認否,被告の主張

  調査の上,追って準備書面をもって認否反論する。

以 上

 

 

投稿者: 港区西新橋の弁護士 吉利 浩美

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

初回相談60分無料 まずはお気軽にご相談下さい 弁護士 吉利 浩美 03-5501-2216 平日 午前9時30~午後5時 ※夜間・土曜:事前予約制 弁護士吉利のコラム 報酬規定の参考例 よくある質問 最新裁判例の解説 お客様の声