2016.07.12更新

夫が女性Aと不倫しているのが、ある日、妻に発覚しました。

妻は果敢にも(?)、女性Aに会いに行き、

「もう二度と夫には会わない。万が一、連絡をとったり、会ったりしたときは、違約金として1000万円支払う。」

という誓約書を女性Aに書かせました。

 

その後、しばらくして、またも夫と女性Aが連絡をとっていることがわかりました。

さて、妻は、誓約書に基づいて1000万円を請求できるのでしょうか。

 

一般論として、不貞の慰謝料の金額が1000万円近くになることはほぼありません。

それにもかかわらず、誓約書に書いていれば1000万円満額を請求できるのでしょうか。

 

この点、裁判例のなかには、1000万円はあまりにも多額であるとして、150万円を超える部分は公序良俗に反し無効と判断したものがあります。

 

では、違約金はいくらなら無効にならないのか。

 

同じ裁判例は、理由中の判断で、面会・連絡等禁止条項違反の場合は、態様が悪質であってもせいぜい50万円ないし100万円程度、と言及していますので、参考になります。

投稿者: 港区西新橋の弁護士 吉利 浩美

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

初回相談60分無料 まずはお気軽にご相談下さい 弁護士 吉利 浩美 03-5501-2216 平日 午前9時30~午後5時 ※夜間・土曜:事前予約制 弁護士吉利のコラム 報酬規定の参考例 よくある質問 最新裁判例の解説 お客様の声